~GarDeN(ガーデン)日誌~

北海道でガーデニングをしている日々を記録しています。

ベビロマちゃま 初開花♪


それぞれのブラウザで見れる人と見られない人の不具合が起きています…
なっかなか、調べる時間がとれず申し訳ありませんが…

しばらく見難いかもしれないのですが((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス







今週は仕事三昧で休日がありません・・・
庭がどうなっているのか、パトロールも1週間以上していません・・・
ピエール・ド・ロンサール、レオナルド・ダ・ヴィンチなどが返り咲いていると言うのに。。。








そんな中、キラリと光るお花だけは、遅刻ギリギリの足が止まりました!

 ROUGEさまにプレゼントして頂いたベビロマちゃま♪

とうとう初咲きいたしました!






特に厳しい冬だった3月までの気候でも越冬(Z6)出来ることもわかりました!

小ぶりだけれど、エネルギーが沢山詰まっているような眩しいお花。

ROUGEさま、ありがとうございました!

















スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 23:35:00|
  2. 主にバラの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

さてさて、昨日の実験(黒星病克服&重曹薬害克服)の経過

 
地植えにしたわかなが咲きました。



ミニサイズですが、今年お迎えして花が終わった後、
芽吹いて蕾が付いて咲いてくれたので嬉しい~

















さてさて、昨日の実験の経過ですが・・・



葉の状況確認


重曹に弱いと思っていたピエールドゥロンサールは、新芽共々無事でした


と喜んでいたら、油断した
何をしても平気だなんて勘違いしていたアンジェラ




こんなになってしまいました・・・


しかし、他の新芽、他の品種はほとんど平気






それ以外の重曹が残っている形跡

あと、もう1つ羅雫さんのブログより  栽培資材の整理5-薬剤-
(*'ー'*人*'ー'*川スリスリ♪いつもありがとうございます!

白い結晶が残っていることにも、重曹が残っている証ということ。

重曹は水に溶けにくいとのことで、もしかしたら噴霧した重曹に濃さの偏りがあったかもしれません。

確かに!それらしきキラキラした葉は数枚見かけました(特にデンティ・ベス)今後の経過を見守ってみます。水の霧吹き攻撃では洗い流せませんでした(溶けにくいことを実感)






まとめ


よって、

昨日(11.8.17)の実験長雨が去った。黒星病が流行りそうな気候。(お知らせとお詫び)

重曹液で除菌 
→ 木酢液で重曹を洗い流す(葉の薬害を防止)



は、重曹の薬害を防止する方法論としては成功なんじゃないでしょうか????




そして、

・重曹はきちんと水に溶かしてから

・噴霧した重曹を洗い流すときは丁寧に
 (できれば乾く前に)

・葉の上で結晶化した重曹は吹き取る

                        これも大切








  あとは、今日からしばらく黒星病が休眠する気候となりそうなので、

  根気良く経過を見守るまで・・・
























切り詰めたカカリアが咲き始めました。

小さなオレンジが気持ちを明るくしてくれます











桜桃さまから種を頂いたルコウソウ 品良く凛と咲いています!(o^∇^o)ノ







ぶめさんから種を頂いたホリホックのカシスも大人っぽく咲き誇っています!











ではまた(o^∇^o)ノ










  1. 2011/08/18(木) 12:38:00|
  2. 無農薬栽培の試みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

長雨が去った。黒星病が流行りそうな気候。(お知らせとお詫び)


『お知らせとお詫び』

googole Chromeなどでお見苦しいことになっていました失礼いたしました。

テンプレートを変えたら見られるようになったと思いますが如何でしょうか?





ここ数日、久々の雨続きでしたが、

ようやくお天気が穏やかになってきました。

エキナセ(ケ)アは、花持ちが良いのでどんどんBIG花束状態に。。。






久々のまともな雨が降りました。


14日 降水量 21.5mm 平均気温22.8℃

15日 降水量 29.0mm 平均気温23.5℃

16日 降水量 37.5mm 平均気温20.2℃

                            ※気象庁過去データの近隣データより




これは・・・(。・艸・)ハッ!黒星病の大好きな気候!!



今回は、こちらより、



HCで1000円くらいで買った噴霧器で丁寧に!!






色々考えてみたのですが、
2回散布形式はどうかなぁ?と。

重曹500倍液を噴霧 
→ 木酢液(卵殻&ニンニクトウガラシ)1000倍くらいを噴霧
                 

というのは、

重曹液で除菌 
→ 木酢液で重曹を洗い流す(葉の薬害を防止)




すでに新芽の展開したばかりの柔らかい葉は
重曹に反応しちゃってクルンクルンとなってしまいましたが・・・

あとは、明日の葉の様子で薬害(黒くならなきゃいいかなぁ程度)が出ていないことを確認できればしばらくこの方法で








ではまた!

▼やっとまともに咲きだしたレディ・エマ・ハミルトン
春の移植と、ハマキムシに新芽をクルクルされたので出足がかなり遅れました。




















オマケ

つづきは虫嫌いな人は見ないでね!

ハリーポッターでのワンシーンのようなクモです。








続きを読む
  1. 2011/08/17(水) 23:20:00|
  2. 無農薬栽培の試みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

奮闘中:無農薬で黒星点病を克服(しかも北国で)するには・・・?03







今回の経過

気温が20℃前後のあたりで発生。
(初期反応は芽吹きも早かったデンディベス)



蝦夷梅雨で庭全体に広がっていることを確認。

8月3日にはピエールドゥロンサールは新芽が展開し、葉を更新しようとしている。





やっぱり、理論的なことをちゃんと理解しておかなきゃダメ。。。
そういうときは、羅雫さんのところへ
(((((((((8-((*゚▽゚)ノノ"㌧㌧☆∥きまぐれ羅雫は森の中





ふむふむ・・・
黒点が蝦夷梅雨あたりで一気に広がったのはメカニズムに沿っている・・・
→蝦夷梅雨の時は相当要注意でした。


分生子(胞子のこと)は、 順番として
発芽して
 (適温は18℃:発芽するには水分のある葉で9時間以上必要)
  ↓
感染して
 (適温は19-21℃:葉に感染するには7時間以上濡れた状態が必要)
  ↓
進展する(適温は24℃)

     
きまぐれ羅雫は森の中
        
黒星病Black Spotとの闘い2 -菌糸の正体を探らなきゃ-より





でもって防止方法の実験もされていらっしゃった

 重曹500倍+台所用液体石けん(脂肪酸ナトリウム)1滴

     
きまぐれ羅雫は森の中
        
黒★のその後より





これって、これって


以前にうどん粉病の防止に教えてくださった
ROUGEさんのお話とも似ている!

『ウドンコだったら、重曹が一番効果あったかな?
水500に対して重曹1ccサラダ油2滴
その液を100倍に薄めて散布するの。
ちょっと薬害出て葉が黒くなったり、よれたりするけど
蕾や新芽がダメになるよりマシと使ってますよ。
ダメもとで試してみる?』









鉢栽培での、特にベランダ栽培の方には黒点病はとても発生し難い。

新芽は防水性が高く(葉は水をはじく。自然薬剤散布してもはじく)黒点病になりにくい。

強健種を育てればどんどん新芽が出てくるが、ストレスに弱いバラは引き続きの何かしらの対策をすべき。他にも秋にバラを咲かせ過ぎた後の厳しい冬。このストレスが原因なこともある。

下草やマルチは、そんなに効果が見えないような気がする…(現に、タイムやペニーロイヤル、キャットミントなどが植わっている)





ほにゃららで、なんちゃらで、ってなわけで、


今回のまとめ
・黒点病の予防にはまず株の耐力(越冬できるように耐力を残すのに、秋に咲かせ過ぎたかどうか)
・うどん粉病に効くと言われている自然農薬は効果あり
(除菌系が良いのかも!?ですが菌が全部無くなっても抵抗力落ちるので、木酢液は何かしらでコラボった方が宜しいと感覚的に思う・・)
・雨が続いて気温が20℃前後なら、雨降りでも殺菌するつもりで播く!
・スギナやツクシ液も抗菌作用があるようで、かなり興味シンシン中。来年は絶対試したい!我が家からでは足りないと思うので、初の試みで、空き地からの採取に努めたい。


うん。来年はこれで試してみよう~






北海道のような寒冷地のお庭は、
お盆以降に肥料をあげると『越冬できる枝に育たない』ということから、
肥料不足になり、開花後の黒点病が免れないとも聞いたことがあります。(液肥のような即効性のあるものは大丈夫みたいだけど)



黒点病は、諸条件のほかに、
      耐力が落ちることによっても発生する・・・。




そんなこんなで、しばらく過ごしてみようかと思います。




ここ最近は、20℃ちょっとの気温で雨も続いております・・・
またもや、要注意です・・・





おまけ

積極的に行動を起こすために、これが役に立っています!

画像にリンク貼りました!







じゃ、また。

続きを読む
  1. 2011/08/16(火) 20:39:00|
  2. 無農薬栽培の試みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

奮闘中:無農薬で黒星点病を克服(しかも北国で)するには・・・?02 補足


夏本番の時期は、エキナセアが主役! 

種から育てたエキナセア。ド迫力になりました


近くにモナルダ(これもまた種から育てた)もあるので、このへんが夏にモリモリすると

迫力あっていいな~













さて、黒点病の続きほとんど自分の為のメモですけど
(補足:北海道は厳しい冬を乗り越える株に育てるために
お盆を明けた頃から肥料はNGと言われています。
 そのせいか、冷涼な気候なせいか、7月上旬の1番花の
後、体力が落ちて黒点病が出やすいとも言われています。
 強健種ばかり育てているので葉を落としても平気に葉平
気なのですが、お花もお休みさせなくちゃいけないので、
何か策は無いのか?と試みてみることにしました)

※石灰硫黄合剤は効果絶大らしいのですが、
私との相性が悪いので使用していません







困った結果・・・



ピエール・ドゥ・ロンサールは、今年一番酷い状況


防止のつもりで散布した自然農薬の影響も酷過ぎて・・・
(希釈の計算を間違って濃かった時にもいち早く反応が出てしまう)

照り葉なだげに、意外だったのですが・・・
(他の照り葉のアンドレルノートル、ホットココアは割と平気だった)




今年は遅く7/6あたりから開花。





7/6




7/10



7/13













それでオタオタしているうちに・・・

7/26黒星病斑点病のお祭りがピークに・・・
(広がる気候だった)黒星病Black Spotとの闘い2 -菌糸の正体を探らなきゃ- より
by『きまぐれ羅雫は森の中』さん いつも勉強させて頂いています!












しかし、
さすがの強健種!8/2(1週間後)には、
あらゆる黒星病斑点病の葉の脇芽から
              吹いた葉がモリモリ


強健種はこれだから安心する 






8/7
傷んだ葉を撤去しても、光合成できちゃうくらいとなりました!











とは言え、

黒星病斑点病が得意な気候じゃなくなったから・・・
停戦状態になったってだけ・・・





これからも、せっせと
色々な自然農薬散布、続け続けてみますっ 

もう少し涼しい季節が来た時に、どうなるかが勝負。
























続きを読む
  1. 2011/08/10(水) 10:42:00|
  2. 無農薬栽培の試みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

奮闘中:無農薬で黒星病を克服(しかも北国で)するには・・・?01

 



北国北海道も夏の到来です。

草木も、背の高いものがだんだん主流になってきて、

我が家の歩道より80センチ高い舞台のような庭に、落ち着きが出てきました。







今年もバラのアブラ虫除けに植えているニンニクが、

バラの枝の隙間からびよーーーーんと伸びて開花(。・m・)クスクス



















さて、毎年の悩ましい症状の 黒星病 


(ホットココアは黒星病にとても強い)








今年は去年までより多く黒点病に効くかな?と予測した自然農薬を散布したつもりでしたが、

花が咲きだす6月中旬以降には月1回くらいの間隔になっちゃったので、

やっぱり普通どおり黒点病出たかーって思いました・・・


(こんな今の季節はアジサイが咲き始めています)





効果が出ているかも?


しかし、毎年花後に葉を落として丸裸になっていた、

特に
アンドレ・ル・ノートル
は、

黒星病の兆候が少なく、葉をほとんど落としません。
(木酢液やニームによる葉焼けと、斑点病は出ています)


▲アンドレ・ル・ノートル



何が良かったのかな?
卵殻木酢液?トウガラシ木酢液?ニーム?植物酵素液?重曹?米ぬか播き?

























                           つづく。次回は『困った結果も』







続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 12:52:00|
  2. 無農薬栽培の試みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏の庭。北海道道央編。

 

北海道も夏本番です!

野原の草花も、お庭のお花達も背が高くなってきています。





種から育てたエキナセアも、夏の庭の中心になるような大株に。





アナベルは真っ白ホワホワ




アシュラムは、毎日花束を差し出していただいているような・・・そんな咲き方が素敵









桜桃さまから今年もやってまいりました!!

箱を開ける前からわかりました!!!

うん!ラベンダーー!!!すごい良い香り。
仕事へ行くカバンにも忍ばせてみようと思います。

落ち着く香りです。今年もありがとうございます!!!



そして早速、頂いたオーナメントのキノコちゃんを、桜桃産ルコウソウとパチリ




あら?もうお友達ができたみたいです(笑)















  1. 2011/08/02(火) 12:55:00|
  2. 少しバラの話(主に他の植物)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

きょう

Author:きょう
札幌あたりの気候です。
(ハーディネスゾーン:Z6)
(USDAゾーン6B~7A -5°F~0°F)
全国的には、
『厳寒地』という部類のようです。



【お庭の年間スケジュール】

12~4月 雪山

  5月   だんだん緑色に

 6~9月 お庭が爆発
 
  10月  紅葉しかけた頃、
      宿根草を地際からカット
      バラの葉っぱ取り。
      (お庭の強制終了~)

  11月  冬囲いします。



無農薬栽培で、バラがメインです。

公園のバラ写真もアップしています。

「いつか、庭がジャングルになったらいいなぁ!!」
とか思っています。笑|ョ・∀・`*)ププ



※このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (136)
お知らせ (9)
主にバラの話 (227)
少しバラの話(主に他の植物) (69)
無農薬栽培の試みについて (18)
雪が積もっている"冬"の妄想など (49)
主に種まきの話 (37)
雪が融けた"春"のお庭 (59)
☆第14回 国際バラとガーデニングショウ (11)
☆第16回 国際バラとガーデニングショウ (0)
★庭友やオープンガーデンのお庭 (4)
★百合が原公園(北海道札幌市) (49)
★雪印種苗見本園(北海道札幌市) (2)
★銀河庭園(北海道恵庭市) (10)
★岩見沢公園バラ園(北海道岩見沢市) (14)
★その他 公園や園芸店に行った話 (40)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する